生活慣習病とは?

毎日の不摂生な生活習慣が積み重なっておこる病気の総称。以前は加齢が原因と考えられ「成人病」と呼ばれていました。しかし、生活習慣が乱れると子供も発症することがわかり、1996年に厚生労働省によって名称が変更されました。
代表的な病気には、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、がんなどがあります。
日本人の約3分の2の方は生活習慣病で亡くなっています。
生活習慣病は痛みなどの症状が出ないことが多く、数年から数十年かけて少しずつ悪くなるので、不調を感じて病院に行った時には合併症を引き起こして、命に関わる危険な状態になっていることが多くあります。
生活習慣病の主な原因は、食事・運動・飲酒・睡眠・ストレスなどがあります。
予防法は、次の通りです。
食事・・・栄養のバランスの取れた食事をする。
     食事の最初に野菜を食べる。
     規則正しく3食食べる。
     *野菜を先に食べることで、糖が体に取り込まれるスピードを緩やかにすることができ、体への負担を和らげます。
飲酒・・・飲む量は適量にする。
     休肝日を作る。
喫煙・・・禁煙
運動・・・運動は習慣的に行う。(生活の中で姿勢を正すとか階段を利用する等でも効果があります。)
参照:いしゃまち