脳卒中、脳梗塞、脳出血の違いは?

脳卒中は、脳に血液が流れなくなり神経細胞が崩壊する病気全体を表す言葉で、その原因によって、脳梗塞、脳出血と言います。
脳は、多くの栄養と酸素を必要とする器官です。この栄養と酸素は動脈を流れる血液によって運ばれています。この動脈が詰まったり、破れたりして脳への血流が減ると、脳の神経細胞に障害が起きて、半身のしびれや麻痺、言語障害といった障害が現れます。これがいわゆる脳卒中といわれる病気です。
脳卒中の中で、脳の血管が詰まったり閉塞することで脳への血流量が減って、細胞が障害された場合を脳梗塞といい、脳の血管が破れて脳内で出血することで細胞が障害された場合は脳出血といいます。脳祖中には、この他にくも膜下出血、一過性脳虚血発作が含まれます。
参考:OMRONの健康コラム